コンタクトレンズは適切なケアをしなければ視界が悪くなったり装着感が優れないといった問題が出てきますので、基本に忠実にケアしていくことが大切です。特に脂質やタンパク質、カルシウムなどが付着しますし雑菌も付着しますので、洗浄と消毒がコンタクトレンズケアの基本となってきます。タンパク質や脂質はレンズに曇りができたり装着感を悪くしますし、カルシウムが付着すると綺麗に落とすことが難しくなってきます。コンタクトレンズの汚れを落とすにはこすり洗いが効果的ですので、洗浄成分のある専用の洗浄用品を使用して行う必要があります。こすり洗いでは汚れを落とすだけではなく雑菌も落とすことができますので、最も簡単で効果的な方法となるのです。

こすり洗いは直線的に往復するように行うのがポイントになります。コンタクトレンズは円状の形をしていますが、円を描くようにこするとレンズを破いてしまう危険性がありますし、傷を付けてしまう原因にもなりますので直線的な動きで洗うことが大切なのです。コンタクトレンズに雑菌が付着したまま使用すると感染症の原因になりますので、こすり洗いをした後は消毒をすることになります。専用の保存ケースに入れ消毒液を使用して行うのが基本となります。ソフトレンズは水分を含んでいるため雑菌が湧きやすくなります。そのため必ず消毒を行う必要がありますが、ハードタイプのコンタクトレンズには水分が含まれていないため消毒をする必要はないのです。

コンタクトレンズケア用品ならメディライフ
http://contactlife.sg/medilife